Validating xml in vb net best rates for consolidating debt

What I really want to end up with is a string detailing all errrors found. For a file with 2 validation errors, I would like the function to return a string something like this: Error parsing '2008-13-07' as date datatype.

The element: 'Intr Bk Sttlm Amt' has an invalid value according to its data type. NOTE I am restricted to using VB6 & cannot add any new project references, (hence the late binding in the code below). I've never seen any XML validating program that was able to list all the errors because the first error that it encounters probably interferes with the XML parser in a way that doesn't enable the parser to correctly parse the file. The code you sent me works OK and gives me exactly what I want.

I have a VB6 function that takes an XML file and an XSD file as input parameters, (see code below: source:- Have you tried using any other XML tools to validate the XML in question? Unfortunately this code would require me to add a reference, (xml4.0), which isn't allowed in my development environment.Haven't tried anything else, but I did come across this article in MS support: This suggests using MSXML 4.0 SAX Parser and seems to do what I want. My attempts to use late binding have, so far, met with no success. Cancel = true にすることで、他のコントロールへフォーカスが移動できなくなるのはこれまでに説明した通りです。 今回は、Validatingイベント後のフォーカス移動先が、[キャンセル]や[閉じる]ボタンの場合を考えてみます。 前回までに作成したプログラムで実験をしてみましょう。 1.データ1のテキストボックスに「hiros.net」と入力します。 2.[閉じる]ボタンをクリックします。 現在までのコードだと、データ1に不正な文字が入力されている場合は下図のようになり、当然画面を閉じることはできません。 画面を閉じたければ、エラーを修正するしか方法がありません。 上記の問題を解決するには、Validatingイベントを発生させたくないコントロールの Cause Validationプロパティに falseをセットする必要があります。 このように設定を行うと、データ1のテキストボックスに不正があったとしても、フォーカスが[閉じる]ボタンへ移動しても、Validatingイベントは発生しなくなり、エラーを修正しなくても画面を閉じることができるようになります。 次にフォーム右上の[X]ボタンはどうでしょうか。 これも、データ1のテキストボックスにエラーがある場合は、画面を閉じることができません。 この問題は、Validatingイベント内で Active Controlをチェックすることで回避することが可能です。 通常、Validatingイベントが発生した場合は、Active Controlプロパティはすでに次のコントロールになっています。 今回の例では、txt Data1のValidatingイベントが発生すると、Active Controlの値はtxt Data2となります。 しかし、[Esc]やフォーム右上の[X]ボタンがクリックされた場合には、Active Controlプロパティの値は txt Data1のままとなっているのです。 これを図にすると以下のようになります。 以上のことを利用すると、txt Data1のValidatingイベントの中で e. Active Controlがtxt Data1以外のとき の2つを満たしているときとなります。 コード例は以下の通りです。 VBの例 -1 And Also Active Control Is Not txt Data1 Then Message Box. Cancel = True 'txt Data1 にエラーアイコンとメッセージの表示をセット error Provider1.

Main file has a linked table (Link Table) from Link The link table store abseloute path (C:\Folder1\Folder2\Link Data.mdb") My Main file is also in Folder2 and I want to store refference path (".\Link Data.mdb") How can we change it in a) MS Access software and with b) VB. Set td = Nothing End Sub Public Function Exists Table(By Ref dbs As Database, tbname As String) As Boolean On Error Go To Oops Err Dim s As String s = dbs. Name Exists Table = True Exit Function Oops Err: Exists Table = False End Function This code is not checked! Validate(Document Validation Handler); Xml Reader Settings settings = new Xml Reader Settings(); settings.

briz-krym.ru

37 Comments

  1. Pingback:

  2. eric   •  

    High-pressure evangelization strikes me as an attempt to deprive people of their freedom of choice.

  3. eric   •  

    Audacity is free software, developed by a group of volunteers and distributed under the GNU General Public License (GPL).

  4. eric   •  

    To help personalise content, tailor and measure ads and provide a safer experience, we use cookies.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>